エコファームみかた 梅酒工場
エコファームみかた 梅酒工場

自社梅酒工場(福井県唯一のリキュール専門工場)

 平成15年11月 新築

場所は、国道162号線のとおりに面してます(162号線側は裏口で、入口玄関は梅街道側面となります。)鳥浜酒造さんの隣りになります。

※只今、工場見学の受入れを中止しています。

お問い合わせ:電話0770-45-3100 藤本まで。

 

仕込みタンク 容量:15kリットル
仕込みタンク 容量:15kリットル

 毎年、6月下旬から7月初旬、自社梅園やJAから入荷する地場産の青梅をきれいに洗浄して、丁寧に漬け込みます。約1年漬け込んだ後、紅さし梅のエキスたっぷりの梅酒「原酒」に仕上がります。原酒は、貯蔵タンクへ移し、梅の実は、下部に配置されたマンホールから取り出し、実は更に、パウンドケーキの原料や梅加工商品に有効利用されます。

貯蔵タンク 容量:7kリットル
貯蔵タンク 容量:7kリットル

仕込みタンクで仕上がった「原酒」を、仕込み年代毎に貯蔵します。 長期貯蔵は、三年以上の期間熟成させます。 1年ものは、紅さし梅のフレッシュな香りが漂います。長期熟成ものは、きれいな琥珀色に変わりより深い、丸みのある味わいの梅酒になります。

オーク樽 容量:180L
オーク樽 容量:180L

オーク樽に更に長期貯蔵し、ゆっくりと樽熟成梅酒が出来て行きます。 まるでブランデーのような香りと深みが、時の重なりを感じさせます。天然の樽からは少しずつ梅酒が気化し、「天使のわけまえ」となります。

充填機(フィラー/キャパー)
充填機(フィラー/キャパー)

1時間あたり約600本充填できる装置で、小瓶から一升瓶までのガラスビン充填が可能です。平成16年に新規導入し、安全かつ衛生に作業できる装置で、商品の安定生産をしています。

新ビンの洗瓶~梅酒の充填~キャップ~シャワー~ラベル貼りまで、 一連してライン装置に流れて製品が完成していきます。 充填前、ここで一度だけ、殺菌(火入れ)をし、梅酒の香りを封じ込めます。また、この充填ラインは、お隣りで酒蔵を営む造り酒屋「鳥浜酒造」さんも週に一度使用し、清酒を充填しています。お互いお酒づくりをするものが設備を共同利用し駆動率アップ、技術アップをしています。